hibi:log
     愛犬諸々、韓国生活日々諸々をゆるりと覚書
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
イカ明太子スパゲッティ ーコリア風味ー

JUGEMテーマ:韓国料理!

 

モランで定期的に大量購入している明太子と、同じく注文津市場で大量買いする活イカを合わせて作る『イカと明太子のスパゲッティ』。

토하젖(ヌマエビの塩辛)を加えると、ベタな組み合わせのこのソースに旨味が増してぴりりと印象的なコリア風味になり、なかなか美味です。

 

『イカ明太子ソース ーコリア風味ー』2人分

【材料と下準備】
* 明太子 3腹くらい・・・薄皮を取り、ほぐしておく
* 生イカ 1杯・・・細切りに
* 生クリーム 大さじ2〜3・・・常温に戻しておく
* バター 大さじ2・・・常温にもどしておく
* サラダ油 小さじ1
* 창란젓・・・大さじ1

 

*好みで牛乳

*好みでマヨネーズ

*エゴマの葉

*刻み海苔&わけぎ(今回無かったので入れていませんが、あると尚良)
 

ひと昔前の韓国の定番お土産だった明太子、気軽に購入できた当時からは想像できない程に、本当に高くなりました。

大型マートやデパ地下食品店で量り売りされる現代の明太子はパスタソース用材料としてはなかなか手が出ませんが、市場で出回る切子(いわゆる”訳あり”もの)は大変にお得なので、毎回2キロ買いしています。
注文津市場の活イカも(お店によっては)本当にリーズナブルで、出向くたびに10杯ほど購入。いづれも冷凍保存に最適な食材なので、新鮮なうちに小分け後、冷凍庫行きにして利用しています。

解凍後もとても新鮮。美味しく使えます

味調整しながら混ぜ合わせた↑材料を茹でたスパゲッティに絡めますが、牛乳を加えソースに気持ち水分感を持たせるといい感じに。マヨネーズを入れると一気にコクが強くなり、外食で明太パスタをよく食べる人にはこちらの方が馴染みのある味かもしれません。おっとは完全にマヨ投入派です。

そして「토하젖」。包みご飯や混ぜご飯の具材でよく使われるこの塩辛ですが、試験的に混ぜ合わせてみたら、思いのほか美味しく仕上がりました。 

日本では何の変哲もないパスタソースですが、大型マートでは刺身用生イカが手軽に購入できないため、こちらで楽しめる希少な和風スパゲッティとなっています。

新設 / リニューアル・オープンされた、犬連れに優しいキャンプ場2カ所

変化の激しい韓国のイロイロですが、キャンプ場運営も御多分に洩れず・・・。

つい先日訪れたばかりの施設が消滅していたり、利用規定が全く変わっていたりと、その度に一喜一憂で振り回されまくりです。


過去に投稿したキャンプ場情報をupdate...
昨年たびたび利用した『동강오토캠핑장』が、いつの間にか、犬不可となっていました。

ご自身も犬を飼い、TJの事も可愛がってくれた管理人の方でしたが、「マナーの悪い飼い主に懲り懲り」だそうで、ウェブサイトのコメント内にも「今後犬連れ不可!」とびっくりマーク付きで告知されていました。

本当に残念ですが、彼女の言い分が良く解るだけに、肩を落とすしかありません。

水遊びどころでなかった激流&濁流・・・


Cooの川での水泳デビューが目的の訪問だったので、前々日の大雨の影響が残っていたこの状況ではいづれにしても留まることは出来ず、車内で近場の別キャンプ場を検索する中で見つけたのが、何とこの『동강전망자연휴양림』でした。

高い標高に位置するので、避暑に最高です

3年前に訪れてお気に入りになったこのキャンプ場(過去記事)でしたが、その後あっという間に閉鎖。

どうやら、個人経営 ➡︎ 行政管理へと運営が変わったようすで、以前も十分に綺麗だった施設は、現在も工事車両が行き交う、さらに美しく整備されたキャンプ場になっていました。

ちなみに、以前の"First Come, First Serve"(先着順)は廃止となり、利用したい区画を事前予約できるようになっています。

しっかり整備されたおかげで一区画毎が広々として快適

駐車場と化していた通路面はきれいに舗装され、現在駐車禁止に

 

以前は、オートキャンプ・エリアの通路面にもダブルパーキングの車両が溢れかえっていたり、空いているスペース内での場所の取り合いでちょっとしたカオスでしたが、そういった部分が一気に解消されているようす。

犬連れ利用者の占める割合は変わらず圧倒的多数だったので、犬と快適な環境でキャンプを楽しみたい人にこそ大推薦できる場所です。

 

大推薦といえば、今回初めて利用したビーチ・キャンプ場が期待通りステキだったので、こちらも紹介してみます。

ネイバーの犬コミュニティ内で強くおすすめされていた『삼척시 장호비치캠핑장』を、ようやく体験することができました。
昨冬に竣工し、今春にオープンしたこの新規キャンプ場は、2階建てのコンテナハウス4棟、RV9台、各17区画のオートキャンプ場 / 一般キャンプ場(ビーチの目の前)を備え、カフェも併設するマネージメント棟、各2箇所のシャワー・トイレ・キッチン棟などなど・・・、上の『동강전망자연휴양림』と同様に地方自治体による観光開発計画の一環なので、大変豪華な設備内容に仕上がっています。

そして、市営キャンプ場では通常あまりないことですが、共に「犬連れ可:サイズ不問」です手

"韓国のナポリ" と呼ばれている笑らしい このチャンホ・ビーチは、確かに透明度が高く大変美しいビーチ。

湾内なので海も穏やか。犬たちにも安心して水遊びをさせてあげられる、とてもステキな場所でした。

希少なペット受け入れ施設、「以前は可 ➡︎ 今は不可」にならないよう、切に願います。

 

**********************

話は変わりますが、来年2月の平昌オリンピックに向けての宿泊施設不足が深刻化している様子です。

わたしも、今年2月に開催された「四大陸フィギアスケート」をたいへん楽しんだので、オリンピックでの観戦も決めて、早々に宿泊施設を探し始めましたが、江陵は言うまでもなく、30分圏内のホテルはほぼ予約が不可となっているため、部屋の確保にひどく苦労しました。

今回、このビーチキャンプ場から帰宅する途中にたまたま立ち寄ったモーテルで宿泊状況を確認したら、殆ど空室でした。しかも、江陵エリアではラブホテルのような場所でさえ通常の5〜10倍価格まで上がっている状況なので、それを考えると激安(8万〜20万ウォン)です。*リニューアル・オープンしたばかりだそう。

アイスアリーナ周辺は全滅ですが、1時間圏内まで広げると、まだまだ宿泊施設を確保できるチャンスはありそうです。

ちなみに、キャンプ場内の2階建コンテナハウスも、オリンピック開催のひと月前から予約の受付を開始するそうなので、ことホテルではなかなか難しい大人数のグループ宿泊などには良いかもしれません。

ビーチを一望できるロケーションで大人数に最適な広さ。詳細はこちら

メモ

『동강전망자연휴양림』

강원도 정선군 정선읍 애산로 60

☎ 033-560-3464

http://jsimc.or.kr/html/5tour/7tour3.php

 

『삼척시 장호비치캠핑장』

강원도 삼척시 근덕면 삼척로 2116

☎ 033-576-0884~0885

http://www.janghocamping.kr/

白身魚の昆布締め


いつもこんな感じで5〜6匹購入します

活イカのこの鮮度は捌いた同日のみの醍醐味。皮付きが最高です
 

注文津水産市場(주문진수산시장)を利用するこの数年です。

キャンプ旅行に合わせて立ち寄っていた当初でしたが、いつの頃からか早朝出発〜昼すぎ帰宅の日帰りで通うようになり、そしてお店のお姉さんから宅配サービスを推薦されるに至ったので、今回初めて利用してみました。

発泡スチロール梱包を浸透して玄関マットが濡れる魚デリバリーブルブル


長年の在韓生活による経験上、生魚の宅配サービス利用への様々懸念はあり、実際、良いレッスン代と割り切って今後は現地調達へ戻る結果に至りましたが、あのような梱包でも(何とアイスパックを使わずに氷詰めビニールの口を縛っただけの梱包処理ギャー)水に浮かぶ惨事は免れ、思いの外たいへん新鮮な状態で届きました。

遠方ショッピングなので、毎回ついつい大量買いしてしまいますが、新鮮に美味しく、ゆっくりと楽しめるよう、最近は昆布締めにしています。

韓国の水産市場に出回る刺身用活魚は白身魚(タイ・ヒラメ・クロソイ・アイナメ)が圧倒的で青物はごく稀にしか手に入りませんが、(こちらの消費者には)珍しい魚 ーオコゼ・カワハギ・ホウボウやメバルetcー は、たいへん安値で手に入れることができます。
そしてこれらを昆布締めにすると、冷蔵保存で日持ちするだけでなく、旨みが入る代わり水分が吸収される分、冷凍保存にしても美味しく頂くことができるので、重宝している調理法です。

魚  魚  魚  魚  魚  魚  魚  魚  魚

 


酒で柔らかくした昆布に塩を振り、切り身を包みます
 

昆布締めのつくつ方は様々紹介されているので省略しますが、日本の清酒や塩、特にこちらで購入する際の昆布の原産地等には注視して、良質の食材を使って作るようにしています。 

日本からのお土産で頂いた『梅塩』。柔らかい風味で美味です

味の繊細なボウボウやカワハギ・ウマズラハギは、1〜2日冷蔵庫で寝かせてから刺身で、昆布締めにするのは、身の大きなヒラメやタイがメインですが、最近はわさび醤油で食べるより、昆布締めの旨みをベースに、ハーブやフルーツのビネガーを使ったタレと合わせてカルパッチョで楽しむのが断然好みです。


白ワインビネガー&ゴマの葉(30枚くらい)を5日ほど漬けて。
ピンクペッパーを入れると、料理に反映しない程度のかわいいピンク色になります。
オリーブオイル・塩で味を整えます。

ベビーリーフに和えて一緒にいただくとさっぱりして美味しいです。


ベビーリーフの他に、「세발나물」を少し甘めのラズベリー・ビネガーとナッツオイルで和えたものも、大好きな組み合わせです。
若い頃ハマっていた前田京子さんの石鹸作りの本の中で紹介されていたマイユ社のフランボワーズ・ビネガー&ウォールナッツ・オイルのドレッシングの大ファンなのですが(過去記事はこちら)、今では殆ど何にでも?!合わせています。

※過去記事を読み返してみたら、"沸騰させない、日陰で10日ほど” 等々、現在の作り方は以前とは違っているので、後日改めて覚書っておこうと思いますビックリ

そば粉のジョンでよく使うこの組み合わせ

白身魚のカルパッチョにもたいへん良く合います

 

韓国でも刺身はメジャーで人気がありますが、やはり家庭の食卓への浸透度はまだまだ。

イカや青魚などの庶民的な魚はもちろん、季節を感じられる旬の魚が柵売りされるようになれば嬉しいですね。 

農協 ーLOCAL FOODー で楽しむ韓国の野菜たち

JUGEMテーマ:韓国料理!

 

LOCAL FOOD(로컬푸드)とは、いわゆる日本の「道の駅」のような、農家との直接契約からなる地野菜の直売店で、韓国の農協(농업)が経営しています。

ここを知ったのは、今年の初めに安山在住の友人を訪れた時に彼女が案内してくれたのがきっかけですが、野菜買いが楽しい季節になってきたこの春から、足繁く通う日々。
水原(スウォン)や龍仁(ヨンイン)の他直営店も早速にチェックし、度々買い物してきていますが、わたし的には安山(アンサン)店の品揃えが一番充実しているように思われ、あちらへ出向くもう一つの楽しみができています。

天日塩20kgでW10,000。店内に入った瞬間に速攻ゲットです汗

安山店。店内も広く、品数も充実しています

農協ストア店内の一角にある龍仁直営店(左)と水原直営店


水原は昨年夏にオープンしたばかりの大きな直営店ですが、わたしが訪れた時は少しガッカリな内容でした。
「韓国のスーパーは開店時間の1時間後に商品棚が埋まり始める」との友人談なので、どうやら開店時間に合わせて到着してしまったわたしの認識ミスだったようです笑

 

ピーマン  野菜  にんじん  ナス  野菜  野菜  野菜

 

このLOCAL FOODでの買い物の魅力は、大型マートではあまり見かけない珍しい野菜の発見と、そして、それらの鮮度の素晴らしさ+(リーズナブルな)価格です。

7割方が葉野菜ですが、種類の充実度はすごいです

韓国で初めて見つけたこのチコリが特に気に入りました

こちらでもチコリの種類は様々ですが、水菜のように柔らか&シャリシャリなこのタイプのチコリを見つけたのは初めて。

最初に訪れた時(冬)に購入し、その美味しさに感動しましたが、前回・前々回の訪問時は残念ながら入荷しておらず・・・。

代わり、春野菜は満載でした。

毎回どっさりと買ってしまいます


ブロッコリンや방풍나물(ボウフウ)など、普段あまり手に入らないものもたくさん

 

そして何よりも嬉しいのが、青汁作りのメイン材料になる青菜の種類が豊富なことです。

わたしが作る韓国料理のほとんどは野菜がメインのものですが、中でも苦味の強い青葉が大好きなので、ケールやスイスチャードなど、日本のスーパーでは気軽に手に入らない青菜が手頃な価格で数多く揃っているところが、韓国生活の中で楽しめる希少な部分であり、たいへん気に入っていますあ

おすすめストアです手

パラコード550でつくるリードとチョークカラー

JUGEMテーマ:わんこ

 

暖かくなってきて、キャンプ・シーズン到来な気配です。
Mayの病気や長期帰国などでキャンプを楽しむ時期がかなり限定されてしまっていた昨年でしたが、今年は精力的に新しい「中・大型犬可」サイトを探しつつ、新たな家族となったプードル犬Cooの水泳デビューを心待ちするこの頃。

これから増えるであろう、そんな水遊びの機会にぴったりと適応するリードやカラーを数セット分ストックしておきたく、去年からかたつむりペースながら少しずつ作りだめしてきたのが、US製パラコード550を使用したリード&カラーです。

人気が高い(ようすな)パラコード製のリード&カラーは、Cooを迎えてすぐ、我が家も早々購入してみた商品。

しかしながら、手に取った感覚は思いのほか細く、何だか心もとない感じだったので、非常にシンプルな作りだったこともあり、チュートリアル・ビデオなどで学習しながら自分の納得するサイズ感のものを自作するに至りました。

第一回目の試作品


第一回目の試作品は、キャンプでタープを張る時に使っていたコードを再利用し、一般的に市販されている商品で用いられる「4 Strand Braid」で製作してみました。

結果はやはり細かったです。購入したものとほぼ同サイズ、首に負担のかからない軽量さは大きな魅力で、トイプードルくらいまでの小型犬にちょうどいい使用感。

パラコードは非常に丈夫なのでコード自体がプチン、と切れることはまずないかと思われますが、接続部分、つなぎ部分の強度を考えると、TJはもちろん、我が家に来て一気に筋骨隆々なマッチョ・ギャルになったCooにも、もうすこしガッシリしたものが良さそうな感じ・・・。
そこで、2本を追加した6本取りのコードで編みこんでいくスタイルに変えてみたら、しっかりとした安定感のあるロープが作れました。



6本のコードで編みこむと15ミリ幅が作れました

持ち手の輪を作って170センチの長リードで使うタイプと

肩掛けしてハンズフリーで使える2WAYで

余ったカラーのつぎはぎで作ったTJのチョーク第一弾あ

真鍮金具を使ったものは普段のお散歩用に、その他のものは気兼ねなくザバザバと洗えるステンレス製金具で製作。多頭飼いには両手が空くハンズフリーの肩掛けスタイルがたいへん重宝するので、買ったり作ったりと長年してきましたが、革や綿ロープよりも汚れたり濡れたりした時のダメージも重量も出ないパラコードは、やっぱりずっと扱いやすい感じです。

 

パラコードは、当初キャンプで使用していたこともあり、こちらで気軽に購入できる韓国製のものを使っていましたが、仕上がりの"しなり"が好みだったのと、あとは色味が断然にステキだったので、のちにUS製のParacode550に変更しました。

アクセサリー作りにも映える550のマルチカラー(右)が特におすすめ

 

余ったコードでお揃いのブレスレットを作ってみました

結構気に入っていますkyu

 

まだまだシンプルな編み込み作業のもので精一杯ですが、色々なノットやブレードを学習して、キャンプで使える小物、そしてアウトドア用のバッグなどの"大モノ"も作れるようになりたいなぁと、夢だけは飛躍しています=3

モラン市場ふたたび

昨年から始まり長期化していた城南市(ソンナム市)側と犬肉業者間での協議がようやく合意を迎え、50年以上も続いた生体展示販売、屠殺場などの全ての「モラン犬肉市場」関連施設が2月の終わりに完全閉鎖されました。

施設が確実に撤去されていることを確認した4月の上旬、6年ぶりのモラン市場へ思い切って出かけてみました。

駐車場スペースを中央に挟んで左手が犬肉市場でした。現在は建設現場に

好きだったお店はほとんど全て、そのままでした。
モラン市場は毎月、4日、9日 、14日、19日、24日、29日と5日置きに外からの個人事業者も露店を並べて参加し(上写真の駐車場エリアで)通りが賑わいますが、7割は衣類や雑貨系で、そして残りが食品取扱店となっています。
こちらの露店での生もの販売は衛生面の懸念などもあったりするので、何年も変わらず店を構える路地に入った建物内の店舗での購入がやはり安心そうです。

同じ通りでも平日(写真上)はガラガラですが、露店が出る日はすごい人です


冒険して露店でドトリムクとところてんを初めて
買ってみましたが、残念な結果に・・・悲しい

以前通った『강경젓갈』(753-5204)
少し値上がりしていましたが、店内は清潔で安心して買い物できるお店です

『강경젓갈』の向かいにあるカルグクスのお店。超シンプル麺ですが、

手打ちで結構美味しいです。お代わり無制限(W4,000)あ


いろんなお店で試し買いをしながら、安くて美味しいお気に入り店を探していくのが市場での買い物の楽しさだったりしますが、4月からふたたび出向いたモランは、2回が限界でした。
ここで売られる食品は好みのものが多いのですが、犬こそいなくなれど、鶏やヤギの生体展示販売はまだまだ健在。
黒ヤギは韓国では漢方薬の材料として依然大人気ですが、小さな檻の中で繋がれるヤギの背後で屠殺された仲間が大鍋でグツグツと調理されている、といった絵面は、わたしにはやっぱりアウトでした。

今後のモラン市場での美味しいもの買いは、おっと担当で決定です。

正月テボルムの料理

JUGEMテーマ:韓国料理!


韓国では、(旧暦の)新年最初の満月の日を楽しむ正月テボルム(정월 대보름)という行事があり、今年は今日2月11日。

1年の健康を願いながら、五穀米とたくさんのナムル料理をこの日に食します。

 
『テボルムのナムル(대보름나물)』

今年は「ゴンドレ(곤드레)=チョウセンアザミ」「コチュニップ(고추잎)=唐辛子の葉」「コグマチュルギ(고구마줄기)=さつまいもの茎」「コサリ(고사리)=わらび」「エホバク(애호박)=ズッキーニ」「アジュカリ(아주까리잎)=トウゴマの葉」「ガジ(가지)=ナス」「ム(무)=大根(生&乾燥)」でナムル料理を作ってみました。

 

【材料】↑の各乾燥ナムル適量
* にんにく たくさん(250gくらい)
* わけぎ ひと束
* サラダ油
* 醤油(국간장が最適)
* エゴマ油
* エゴマ粉(調理中に切れたので、途中からゴマで代用あ


各乾燥ナムルはすべて同じ材料・同じ調理法(炒めるだけ)なので、フライパンもそのまま使い回しです。

我が家は普段、赤肉はほとんど食しませんが、今回たまたまソルラル時にいただいた牛肉があったので使用してみました。

お肉を使うと、やはり味にぐっと深みが出ます。

作り方はプルコギと同じ

ナムルも同様ですが、手で揉みこみながら炒めると味なじみが良くなります

 

【作り方】

* フライパンに油を敷き、水気を切ったナムルを投入 ⇨ 手で軽く揉み込みながら油をなじませたら、にんにくと醤油を加え、さらに揉み込みます。 
* 味が行き渡ったら、用意した肉を投入 ⇨ まんべんなく混ぜ合わせたあと、ゴマとエゴマ油を加え、火を止めます。
* 熱が少し抜けたところで、最後に細かく小口切りしたネギを合わせます。 

 

茹で戻ししたものは、そのまま30分くらいお湯につけておくといい感じ

水から出した後は、一晩放置して水気を落としています

 

 

 

五穀米のご飯

 

ノガリのジョリム

JUGEMテーマ:韓国料理!

 

ヤンヤンの注文津市場は鮮魚だけでなく乾物も豊富で安く、そしてコダリやノガリを買っては作るのがこの料理です。
 

 

食器  クッキング  クッキング  食器  クッキング  クッキング  食器  食器


『ノガリのジョリム(노가리조림)』4人分

 

【材料】
* ノガリ 10匹
* 赤・青とうがらし 2〜3本
* ネギ 1本
* 玉ねぎ 小1個
* 水 1カップ
* にんにくみじんぎり 5片分くらい

【作り方】
* ノガリを水に浸けて、若干硬めに戻したら(1時間弱)、各ヒレや内臓をしっかり取って水洗いします。
* 小さなボールに醤油・みりん・コチュカルを合わせておきます。
* フライパンに油を敷き、戻したノガリとにんにくを入れさっと炒めた後、残りの野菜・合わせたたれを共に投入します。
* 水あめを入れて味を馴染ませた後、塩で味調節。最後にごま油を全体に絡めて出来上がり。お皿に盛りってひとつまみのゴマをふりかけます。



ひれと内臓をしっかり取り除くのが一番のポイント


背・尾びれや内臓(ブラシでゴシゴシ)をしっかり取り除かないと、ひれが刺さったり苦味が出たりして食感が悪くなるので、下処理をしっかりと行うことがポイントです。

ノガリはスケトウダラの幼魚。その時々でこのノガリだったり大きなコダリを使うこともありますが、いづれのケースでも身崩れしにくく歯ごたえも良い乾燥ものを使っています。
水で戻す時間が長すぎると、これらの利点が台無しになってしまうので、この部分に気をつけると美味しく仕上がると思います​手

狂犬病予防接種

JUGEMテーマ:わんこ

 

新年を早々にして相変わらず騒がしい韓国です。

この数年の韓国は多くの日本人にとって実に耐え難く厄介な存在ですが、自らが育てた反日というモンスターに対しコントロールを完全に失っている様相で、次期大統領の誕生はいろんな意味でそれを決定的にしてくれそうです。

英語で言うならば、"the last nail in the coffin" なんて表現がしっくりきそうな感じですが、こちらに生活の基盤を置いているわたしのような人々にはあまり嬉しい事態とは言えないでしょう。

 

前置きが長くなりました笑

不安定な国に住んでいる時の「備えあれば憂いなし」。2年前のTJに続き、Cooの検疫手続きも済ませてみました。
血清を採る前の2回の狂犬病予防接種で、1回目がW3,000、2回目がW25,000と、価格が大きく違ったので確認してみると、年に2回、政府から各動物病院へ向けた狂犬病予防薬の配布が行われているとのことで、1回目はたまたまこの時期に当たったようです。また、このサービスには数に限りがあるようで、わたしの利用した動物病院では配付数は30だったそうです。

詳しくはこちら


期間年2回410
対象生後3ヶ月以上で、狂犬病予防接種受けていない
費用5,000ウォン ※動物登録済みの犬は3,000ウォン2,000ウォンの割引
 

ずいぶん昔から実施されているようですが、ペット情報誌や動物病院内でのポスターなどでの告知を見たことがなかったので、今回病院での精算時に価格を提示され質問するまで、その存在を知りませんでした。

ちなみに接種を怠ると500万ウォン以下の罰則規定があるようですが、まぁ適用されてはいないでしょう。

 

2回の狂犬病予防接種後、血清を作成してもらいます

 

この手続きを一度行っておけば、有効期限内の狂犬病予防接種を継続することで、犬猫を連れての帰国に迫られた時の「輸出前の180日待機期間」を避けることができます。

ただし、血清の有効期間は2年間のみなので、これを失効してしまった場合は、新たに血清を採り、『一般財団法人生物科学安全研究所』(⇦韓国からならこちらがおすすめ)から証明証を発行してもらうための各手続きを再度こなす必要はあります。

我が家の場合、TJの前回手続きが今年6月に失効するので、それまでの帰国時には有効ですが、それ以降は一度失効してしまい、再手続きの必要が出てきまいます。

それでも、6ヶ月の待機期間が免除されることを考えれば、やはり済ませておいて良かったと思っています。

 

追記:各種書類+血清を最寄りの動物検疫所へ持参しエンドーズメントを取得した同日、EMS便で郵送した今回の場合、証明書を受け取るまで12日間でした。

今年行った犬連れ可のキャンプ場

夏の終わりから今月頭までにかけて利用した中で、犬連れで快適に過ごすことが出来た「2016年行って良かったオートキャンプ場」備忘録。

『청풍호오토캠핑장』

施設の清潔度・充実度・周辺環境などなど、たいへん快適なオートキャンブ場。

掃除も行き届いており、カヌーの貸し出しやプール、バトミントン・コートなども設置されています。

小規模なキャンプサイトながら、食器洗い場やシャワー室・洗面所が2カ所ずつ設置されているところも素晴らしいです。

キャラバン(RVサイト)も広々&たいへん清潔。犬は不可

犬がいなかったらぜひ楽しんでみたかった透明のカヌーボート

サイトからつながる山道を20分ほど登山するとお寺のある山頂に辿りつくハイキングコースがあるもの、犬連れのわたし達にはたいへん嬉しい環境・・・。早朝の山の空気は本当に澄み切っていて美味しく、軽い運動をした後の外で楽しむ朝ごはんはキャンプの醍醐味です。

予約時に犬のサイズで渋られたので、「犬利用禁止」なんてならないように、飼い主側がしっかりとマナーを守って利用したいものです。


『청풍호오토캠핑장』

충청북도 제천시 금성면 청풍호로39길 103

010-9171-2723

犬連れ:小型犬は可。大型犬は「吠えない・暴れないこと」が条件で▲可 笑
 

* * * * * * * * * * * * * * * * * *

 

『자작나무 오토캠핑장』


1区画毎の明確な区切りがないので、ゆったりとスペースが使え快適ですが、言い換えてみるならば、夏の大混雑時には隣同士の距離感が苦しそうなので、7月頭〜8月中ばのピーク時は出来れば避けたいところです。

美しい渓流が目の前、そして経営者が大の犬好き・・・ これだけで、十分ですあ


『자작나무 오토캠핑장』

강원 인제군 남면 무학길 301
犬連れ:サイズに関わらず大歓迎(⇦オーナー曰く)
 

 

* * * * * * * * * * * * * * * * * *

『덕유캠프농장』

少々迷いましたが、一応こちらも入れておきます。

ここから5分ほどに位置する「大型犬大歓迎」オートキャンプ場に到着後、洗面所を見た瞬間に踵を返して(笑)周辺をさまよったのち、見つけた場所です。

サンチュ、エゴマの葉、白菜、キャベツ、イモ類など、なかなか充実

「自家菜園内の野菜持ち帰り放題」なんて、なかなか太っ腹です。

最初は 、”わー、こんな大きな犬だめよ〜ガーン ” と激しく拒否されましたが、話し合いですぐに歩み寄ってくれたので、その寛大さに感謝してリストに入れてみます。

国道に面していることや、雑草などの細かい部分での手入れ不足・・・などを除けば、広々とした大きな敷地を持ち、そこそこ綺麗な川も目の前にあり・・・という感じで、大型犬を(渋々ながらも)受け入れてくれるオートキャンプ場としては良い方だと思います。

すぐ近くに徳裕山国立公園(덕유산국립공원)を控えているので、自然が好きな人には見どころはたくさんですが、しかし多くは犬連れでの入場が不可です。

この国立公園の中のキャンプ場も素晴らしいと聞いているので、利用どころか公園の中にさえ入れないのが非常に残念ですが、国立公園なので仕方がないですね。。。

『덕유캠프농장』

전북 무주군 설천면 구천동로1262-8

063-322-3883
犬連れ:要相談

キャンプ   キャンプ   キャンプ   キャンプ   キャンプ   キャンプ   キャンプ


こうやって見てみると、以前に投稿したヨンウォルの동강오토캠핑장などもそうですが、「美しい川が目の前にあるところ」「水回りの清掃が行き届いた、清潔な”私営オートキャンプ場”」という感じで、韓国で好むキャンプ・サイトがかなり明確になってきたようです。

キャンプを始めた北米では、個人経営のサイトよりも市営を好んで利用してきていたので(安いし)、かなり対照的ですが、確実に違うものの一つは、この国の市営キャンプ場のトイレ(の不潔度)は恐ろしすぎて近づけない、というところでしょうかブルブル
(動物の受け入れ姿勢は言うまでもありません)

 

キャンプ・ブームな近年の韓国なので、グランピング、RV、オートなど、利用者のニーズに合わせた様々なスタイルのキャンプが楽しめますが、そこに「中・大型犬との利用」の条件が付くと、その理解への浸透度は未だかたつむりペースなのが、ほんとうに残念なところです。


まだまだ時間がかかりそうです。

Mail Form